これで安心??電動工具を長持ちさせる方法


2018年7月27日

とにかくお手入れが大切

電動工具を買ったのにすぐに動かなくなるのは残念です。そこで少しでも長持ちさせるためにやっておきたいのが、日ごろからのメンテナンスです。特にサビは大敵なので、使用したらこまめに拭くようにしておきましょう。加えて油をさしておくとサビを防げますし、動きも良くなります。

それからゴミを取り除くのも忘れないようにしておきたいものです。木屑に関しては、取るのが面倒だからと放置してしまうこともあるのかもしれません。ところが木は水分を含んでいることがあって、鉄の部分に付着したままにしているとサビる原因になるのです。同様に泥などもそのままにすると故障を招くので、ハケで払っておくのが無難です。

電源の扱いに注意する

木や鉄を切断している時に、謝ってコードも一緒に切ってしまうというのは意外と良くあるのです。そのような事態にならないように、使用する際には、必ず電動工具の前にコードを垂らさないように心がけておきます。いちいち手で払いのけるのが手間に感じるなら、コードの一部を腰に結びつけておくなどの工夫をしておくと良いです。

充電式の電動工具の場合は、使い切ってから充電した方が良いものもあれば、継ぎ足しした方が寿命が長くなるタイプに分かれます。やり方を間違うと逆効果になるので、使う前に確認しておくのは必須です。そして気温が低下する時期では極端に使用時間が減ってしまうため、一度温めておくことですぐに電池切れになるのを防げます。使っている時は充電池をタオルでくるんでおくのも効果的です。

電動工具の買取は汚れの有無で査定額が変動する点を注意します。洗浄の手間が査定額を下げる原因の一つなので、泥や油脂などの汚れは綺麗に取り除くのが高く買い取ってもらうための工夫です。