石垣島のすぐ近くにある離島・竹富島の魅力とは?


2018年7月26日

竹富島とはどこにある?

芸能人の中で、「竹富島が大好きだ」と公言する人が多い事などにより、竹富島は小さい島ながら全国的に高い知名度を誇ります。ただし、島の名前自体は有名ながら具体的な場所についてはあまり知られていないような部分もあります。では、どの辺にあるかというと沖縄本島の約400km南西に位置する八重山列島の一角を占めています。八重山列島内の大きな離島との位置関係としては、直行便のある石垣島の約6km南西です。

石垣島からとても近い

小さな面積の竹富島には空港はなく、また石垣島から続く長い橋も今のところ存在しないため、船でアクセスするしかありません。しかし、石垣島からわずか5kmのため、石垣島南部の船乗り場から船に乗ればわずか10分で到着します。そのため、石垣島好きの人達の中には、竹富島のことを石垣島の一部または石垣島の飛び地のように思っている人も多数いる事で知られます。

竹富島のおすすめスポット

竹富島には「コンドイビーチ」という名物ビーチがあります。こちらは島にとっての大きな観光資源で、夏には飲食物を販売する店も臨時出店するため、夏にこの島に泳ぎに来るならコンドイビーチが一番おすすめです。また、コンドイビーチから歩いて行ける場所には、南国土産で有名な「星の砂」を間近で見られるカイジ浜という場所が存在します。こちらのビーチでは泳ぐことはできませんが、神秘的な星の砂を肉眼で見られるため、家族連れでこの島に来た際、子供を連れて行けば喜んでくれること間違いなしです。また、内陸部には様々な史跡があるほか竹富島において昔から続く伝統的な街並みが今でも残っているため、内陸部を散歩して非日常体験を味わってみる事も推奨します。

竹富島のツアーは、牛車を使った海岸・島内移動に加えて、滅多にみる事が出来ない満天の星空を堪能する事が可能です。