沖縄本島からアクセスしやすい離島・久米島


2018年7月26日

久米島は沖縄本島から近い

沖縄県には沖縄本島のほかに幾つかの人気離島があり、今のところ石垣島・宮古島ほどではないものの、久米島も人気上昇中です。人気の秘訣は幾つかありますが、石垣島や宮古島と比べて沖縄本島から圧倒的に近い点が挙げられます。具体的には本島から100km未満で那覇空港から飛行機に乗るとわずか35分にて久米島空港までやって来ることが出来ます。そのため、沖縄本島にある程度長期旅行に行った際などに、思い立ったら気軽に日帰りまたは泊りで行ける点が魅力といえます。

船でもアクセスでき、直行便も出始めている

久米島に短時間でアクセスしたい場合は飛行機を利用するのが一番ですが、船に3時間くらい乗って海を近くで見ながらのんびりやって来ることも可能です。さらに近年では夏季限定で一部空港からの直行便も登場し始め、直行便に乗った際は東京の羽田空港から久米島空港までわずか約2時間半で到着します。

久米島の魅力とはどんなところか

久米島は石垣島・宮古島と比べると小規模な島ですが、本島から遠い小規模離島とは違って本島から近くて交通の便が良いため、一部地域の発達が進んでいます。特に島のシンボル的なエリアである大規模なビーチ「イーフビーチ」付近には、多数の飲食店・宿泊施設があるほか24時間営業のコンビニもあって高い利便性を誇ります。

久米島のおすすめスポット

久米島のシンボル・イーフビーチの付近には船でアクセスできる「ハテの浜」という無人島があります。無人島とはいっても砂浜だけで構成された小規模な砂浜で、四方を海で囲まれたこのハテの浜はおすすめです。また、北部にはタチジャミという高さ40mの巨大でミステリアスな岩があり、パワースポットを探している場合はこちらに行ってみることをおすすめします。

久米島のツアーは、現地までのアクセスにやや時間が掛かるものの、観光客の少ないビーチやダイビングスポットなどがあり、夏を満喫したい人におすすめです。